旦那に相手されない普通の人妻ほど、反動は…。

人妻…出会い系では一番多い。
エッチ好きな人妻もいれば、そうでない人妻もいる。
その中で一番落し易いのは、浮気もした事の無いような、普通の人妻だ。

あの女を落したのは1年前。
小額だが逆援助交際で抱いて欲しいと書き込んであった。
初めての浮気だとも書いてあり、手練手管でとにかく会うことまで漕ぎ着けた。

女は30歳。
生活臭が少しある、ごく普通の人妻だった。
世間話から始め、少しずつ何故出会い系を使うようになったのかを聞き出した。
女は早くに結婚していた。
高校を卒業し、就職先で旦那と出会い交際が始まる。
そして初体験。
その初体験で妊娠してしまい、できちゃった婚。

子供が小さな頃は月に数回の営みがあったが、ここ5年、抱いてももらえなくなったらしい。
出産後に覚えたオナニーで性欲を誤摩化していたが、それも限界になったらしい。
男漁りというわけではないが、欲求不満のはけ口として浮気する事を決意した。
その後は旦那への愚痴と不満。
それを頷きながらただ聞いてあげた。
ひとしきり性の不満をぶちまけたことで、女の目は潤み、欲情し始めた。

喫茶店を出てホテルに向かったのは昼前だった。
恥ずかしそうに俯き辺りを伺っていた。
部屋に入るとすぐに唇を奪う。
とにかく時間をおけば、正気に戻る場合があるから、すぐにでも欲情させるのがいい。
身体さえ反応させれば、引き返す事がないのが人妻である。

長い時間キスしていると、次第に女の腕が俺の身体にしがみつく。
「よし、やれる!」
そう感じた。
一緒に風呂に入ろうと誘うが、恥ずかしいのか1人で入るという。
先に風呂に追いやり後を追った。
洗面台にたたまれた衣服。
一番下には真っ白の下着がたたまれてあった。
浴室に入ると身を強張らせているが、構わず後から抱きしめ耳元や首筋にキスを浴びせた。
こっちも欲情してるのを解らせるため、硬くなったペニスを女の腰やお尻の割れ目に押し当てる。
そっと割れ目に触れると十分すぎるほど濡れていた。

ベッドでは恥ずかしがる女の脚を拡げ、激しくクリを攻めた。
強すぎる刺激に初めてセックスで絶頂に達している。

こっちはこっちで、この女の良く締まる膣を堪能した。
飲み込んでいくような、ちょっとした名器だ。

初めての絶頂に狂わされ、子宮に射精させてくれた。

子供が帰る前に、とその日は1回だけのセックス。
逆援助交際はその日だけで、次からは性欲を貪る関係。
こんな素晴らしいオマンコを放っておくなんて、勿体ない、そう思った。

今でもあの女の名器を弄んでる。
女も旦那では味わえなかったセックスを楽しんでる。

内心、旦那からこの女を奪ってやろうかとも考えてる…。