ドスケベな女医とアブノーマルエッチ大成功!

豊かさん (25歳男性 鹿児島県鹿児島市)の体験告白

僕は出会い系サイトで知り合った女医に逆援助してもらっている20代の男性です。
たまたま出会い系サイトの掲示板を見ていたらその女医が書き込みをしていてこちらからアプローチしました。

既婚の彼女はもちろん裕福な人で僕とはまったく違う世界に住んでいる人。
そんな彼女は旦那とのエッチがマンネリ化してしまったらしく、出会い系の掲示板で知り合った男性とのアバンチュールを楽しんでいると言うことでした。

同じ鹿児島県鹿児島市で医者をしていると言うことで、まずはデートに誘ったのですが、すぐにラブホでエッチを楽しむことになり、こちらがドキドキでしたよ。

ホテルに着くと彼女はすぐにシャワーを浴びようと僕を誘いました。
僕は、もうドキドキしながら彼女のところに行くとなんとドスケベな赤い下着。
これはもう、僕のエッチ心をわしづかみにしましたね。

そして、シャワーを浴びて、セックス。
マンネリなセックスが嫌いだと言う彼女は、なんとアブノーマルなセックスに僕を誘ってきたのです。

そしてなんとアブノーマルなエッチで逆援助交際をしないかと誘われたのです。
もちろん断る理由もなかったので、OKしてしまいました。

それからと言うものその女医の都合のよいときに呼び出されて、ラブホをはじめ高級ホテルなどで刺激的なセックスを楽しむようになりました。

もちろん逆援助交際なので小遣いもしっかりともらって楽しんでいますよ。
医者はスケベだといいますが、こんなにドスケベだとは思ってもいませんでしたよ。