逆援助の出会いがアラフォーの活力に

大げさに聞こえるかもしれませんが、アラフォーで、数年もの間ご無沙汰だった私に生きる活力をくれたのが逆援助でした。
22歳の男の子とのセックスに溺れて、貯金もすべて逆援助に費やしました。逆援助専門サイトに登録してからの私は、毎日仕事から帰宅するとパソコンの前にかじりつくようになりました。
体の悦びは、私の性格も変えてくれました。将来に不安を感じて、下ばかり向いて歩いていたのがポジティブに物事を考えられるように。
外見もいままで以上に気にするようになり、服装やメイクにも時間をかけるようになりました。

現在の逆援助相手は27歳の人です。年上が大好きだという彼は、とても甘えたでカワイイです。まるで子供をあやすように接しています。一緒にいる間も、セックスが終わってからもいちゃいちゃしている時間がとても充実しています。
セックスもとても相性がいいと私は思っているのだけど。でも、27歳の体力にはやっぱりついていけてない部分もあります。じっくり堪能したいけど時間をかけたセックスは翌日に響きますね(笑)

彼とは付き合うとか、結婚は無いと思うし、割り切った今の距離感がとても心地よく感じられます。彼もそう思ってくれていると嬉しいな。
彼とは、いつかはお別れするときがくるって分かっているけれど、それまではいっぱい甘えられたいです。いつかひとりぼっちになったときに思い出せる相手がいるのってこの年になってくると大切なことなんですよ。