頭がよいインドア派の男が落としやすい逆援出会い系の子の傾向

“最後の最後に逆援出会い系サイトを使って、なんとか彼女を作りたい!そう思うのは文系の、インドア派の男の子が多いらしい。たしかにそんな感じもするが、 まぁ最後の最後に逆援出会い系サイトを使わなくても、ちゃんと最初から恋愛の逆援出会いを探す方法として、考えたほうがいいと私は思うんだが。

しかしそんなインドア派の男の子たちはたいてい自分に自信がないのか、あまり自分からアタックを仕掛けないらしい。そして逆援出会い系サイトでも女の子からメールをもらえないで「やっぱりモテないんだ。彼女を作るのは諦めよう…」となってしまうと聞いている。

これは正直、幾つかの点で間違いがある。その間違って点さえ修正すれば、いくらおとなしいインドア派の男の子たちでも、ちゃんと女の子空メールを貰えて、彼女を作ることはできる。それを今から少し教えたいと思う。

まず一つ目だが、使うサイトを吟味しよう。一応逆援出会い系サイトにも女の子からのアプローチが多いサイトというのがある。例えば彼氏募集掲示板のような ものだ。これは彼氏を見つけようとしている女の子のほうが男性よりも多い。だからその分、メールを貰う確率も高い。自分からメールを送らなくても良かった りするのだ。

そしてもう一つ、狙う相手を間違っているのじゃないかと思う。間違ってもギャルなんかにメールを送っても、インドア派の男の子たちは相手にされないと思っ たほうがいい。なぜならギャルはギャル男以外男じゃないと思っているからだ。インドア派の男の子たちならインドア派の女の子、もしくは主婦なんかにモテる はずだ。

最後に一つ言っておきたいのが、最初から誰も逆援出会い系サイトでモテモテだった奴なんていないんだ。みんな必ず失敗しているし、モテなかったからこそ、 逆援出会い系サイトを使って一発逆転を狙っている。だから自分だけがモテないと思って諦めないこと、これが最も重要なことだ。